国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第148回 フルーツ王国・和歌山でマンゴー!カーネーションも!?よくばり和歌山訪問記!
こんにちは、商品部の大崎です。
今回は、ずっと行きたかった念願の和歌山県で、2軒の農家さんを訪問してきました!

まずやってきたのは、和歌山県の中部に位置する有田市。
「有田みかん」で有名な、みかんの大産地ですね!
迎えてくれたのは、笑顔が爽やかな川岩農園の川島学さんです。



川島さんも有田市の多くの農家にもれず、みかんを栽培している農家さんです。
「こちらです」と案内していただいたハウスの中には・・・



どーん!!なんじゃこりゃー!!
どう見てもみかんではなさそうな・・・
これ、何だかわかりますか?

正解は、南国のフルーツ、マンゴー!なんです。

川島さんは、JA出荷がほとんどの有田のみかん農家の中で、
何か新しいことにチャレンジしたい!
と一念発起、マンゴー栽培に取り組んでいます。

ちなみにこれがマンゴーの花。
初めて見ましたが、思ったほど美しい花ではないんですね・・・笑



ところどころ、小さいマンゴーがなり始めています!



ここから良い実をひとつだけ残して、大きくしていきます。
収穫は6月下旬頃から。7月中が出荷の最盛期となります。

昨年も農家の台所WEBSHOPでお中元商品として販売し、大人気でした!
う〜ん、今から楽しみですね〜♪

ところで、どうしてマンゴーだったんですか?

「東国原知事が有名になって宮崎のマンゴーが流行り出した頃、
うちでもマンゴーを買って食べてみたんです。
するとマンゴーを食べた甥っ子が、よっぽどおいしかったんでしょうね、
独り占めしようとして(笑)
それを見て、これほどまでに人を虜にするおいしいものを自分でも作りたい!と思ったんです。」

なるほどー。JA出荷が主流の産地にあって、それは一大決心ですね!
ご家族には反対されなかったんですか?

そりゃあもう親父は最初、大反対でしたよ(笑)
 就農して以来、ただでさえみかんのことでぶつかってばっかりでしたから。
 量を求める親父と、質を求める俺という感じで。
 その上、マンゴーまでやりたいなんて言い出したから、みかんをほってまう気か!
 って怒られて(笑)
 でも今年でマンゴーも4年目。
 今では親父もおいしいって認めてくれてます。

 
へぇ〜!おいしいマンゴーを作るためにこだわっていることはあるんですか?

「鉢植え栽培で糖度を上げることですね」



鉢植え栽培!?一体どうして?

「元々、このハウスの土があまり良くなくて。
 だったら鉢植え栽培にして肥沃な土を入れたらどうだろう
 って思いついたんです。
 結果、肥料や水のコントロールもしやすいし、適切なタイミングで管理ができるので、
 宮崎のマンゴーに負けない糖度を出せるようになりました。
 平均糖度15度以上はあります。


宮崎のブランドマンゴー「太陽のタマゴ」も糖度15度以上ですから、
十分に戦える甘さ!
珍しい鉢植え栽培に取り組むことで差別化していけそうですね!

こんなお話をしながらも、川島さんの手は常に動いています。
マンゴーの実に、より日が当たるように葉っぱを洗濯バサミで止めて日陰の位置を調整したり、まだ残っている花をぽろぽろと落としたり・・・。
うーん、もしかしてマンゴーって、とっても手間がかかるのでは?

「そうですね、マンゴーは、みかんと違って栽培の手間がすごくかかります。
 そういう意味では、やんちゃなかまってちゃんって感じですね」
 
そう言って、愛しそうにマンゴーを見つめる川島さんは、
「手間がかかる」と言いながらなんだか嬉しそうです。



そんな川島さんに、今後の抱負を聞いてみました。

経営感覚をしっかり持った強い農家になりたいですね。
 いいもん作って、それに対するお客様の評価が直に感じられるって、
 こんなに感動するんやって、マンゴーやり始めてわかりましたから。
 今年もいいもん作りますよ!


ありがとうございます!私たちはその情熱をお客様に伝えて売ります!


さて、続いては、有田市からさらに南に移動し、日高川町にやってきました。
迎えてくれたのは、藏光農園の藏光俊輔さん。
この藏光さん、今は八朔、5月にはカーネーション、6月には南高梅、秋にはみかんと、
季節によっていろんな農産物を届けてくれるマルチなチャレンジ農家なのです。

まずは、農家の台所WEBSHOPで絶賛販売中のサツキ八朔の畑へ!



木の上に登って収穫!



八朔は、年末に全て収穫し発送するのが一般的ですが、
温暖な日高川町では、霜が下りないため通常より長く木に成らせておくことが可能です。
藏光農園では、4月〜5月まで樹上完熟させることで、八朔とは思えない甘さを実現!
すっぱいのが苦手なお子様でもぱくぱく食べられます♪

私も採りたてをいただきましたが、フレッシュな酸味の中に、確かに甘味が!
ちなみにこの後、収穫して1週間貯蔵しておいた八朔もいただきました。
こちらは、やや酸味が抜けて、より角が取れたまぁるい味。
好みですが、こっちの方が甘くておいしいなぁー。

さて、のどを潤したら次は梅山へ!

和歌山と言えば、梅。それも、南高梅ですよね。
藏光さんも、南高梅を育てています。





八朔でも梅でもみかんでもそうなのですが、藏光農園のこだわりは樹上完熟収穫
通常、柑橘などの収穫の際、一気に収穫する「総取り」と呼ばれる採り方をしますが、この場合、未熟なものも含まれてしまいます。
藏光農園では、ひとつひとつの完熟具合を見極めて収穫しています。
手間がかかる大変な収穫方法ですが、味にこだわるためこのやり方を貫いています。


さぁどんどんいきますよー、次は、みかんの畑へ!

昨年、農家の台所WEBSHOPで大人気だった、ゆら早生みかんの木です。

こちらは15年くらいの木だそうですが・・・
あれ?なんか、小さくないですか?



実は、ゆら早生みかんは、「大きくなっても小さい」ので、収量が少なく、
栽培も難しいため、他の農家があまり作りたがらない品種なのです。

しかし、私もひそかに一番おいしい品種だと思っているくらい、味は抜群!
甘味と酸味のバランスが非常によく、
いくらでも食べたくなってしまうおいしさなのです。


藏光さんも味に惚れ込み、ゆら早生みかんを作り続けているのですが、そのデメリットを解消する試みを行っていました!
それがこちらです!



これも同じゆら早生みかんの木なのですが、さっきの木より大きいですよね。
肥料の量や選定方法などを調整し、木を大きくして収量のアップを実現しているのです!
いや〜これは今年の秋の販売も楽しみだなぁ〜♪じゅる・・・

そんなお話をしながらみかんの園地を歩いていると、こんなものを発見!



わー!鳥のひなです。毛がふわふわ!
私たちが近づいていくと、ちょうど親鳥が駆けていくところでした。
この他にも、虫やカエルやいろんな生物がいて、
園地の中に生態系ができているんだなーと実感しました。

最後に、もうすぐ母の日ということで、カーネーションのハウスにお邪魔しました。
昨年は売り切れてしまうほど人気だったので、
今年はさらに出荷数を増やしてもらったのです。




ところで、農家直送のカーネーションだと何が良いか?

断然、鮮度です!

母の日前となると農家も花屋さんも大忙しなので、
通常は1週間も前から切って貯蔵しておいたものが届くこともありますが、
農家直送なら、出荷の前日か前々日に切って、鮮度保持処理をしてお届けします。
つぼみの状態も含まれて届くから、2週間ほどは飾って楽しめますよ♪



最後は大崎と一緒にキメ顔で!笑
今年も既にたくさんの注文がきていますので、よろしくお願いします!!

↓絶賛ご注文受付中↓
【農家直送】母の日のカーネーション100%花束



 
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 和歌山県 | 19:34 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS