国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第151回 トウモロコシは鮮度が命 朝どり25年にかける想いを聞いてきました! 
●埼玉県上里町

今回は埼玉県上里町へ金井栄さん率いるトウモロコシ名人
(写真上段左から)金井弘さん、金井武さん、横村浩吉さん、(下段左から)金井香澄さん、平塚政波さん
6名の方たちとお会いしてきました。



なんと前列真ん中の平塚さんは80歳になります。
みなさん元気な方たちばかりです。




まず最初に金井武さん(後列真ん中)が露地で育てているトウモロコシ


    


一枚目の写真のトウモロコシは、3月4日に種を蒔いたもので
二枚目のトウモロコシは3月20日に種を蒔いたものです。

ちなみにトウモロコシの種ってみなさんご存知ですか?



実はこんな種なんです!!





食べているだけだと普段見るトウモロコシからは想像がつかない種ですよね。
トウモロコシにはいろんな品種がありますがこちらはゴールドラッシュという品種です。

私も実際に種まきのお手伝いをさせていただきましたが、一粒一粒マルチの穴に植えていく
細かい作業です。足腰使って体にも負荷がかかる作業でした。





これを毎日農家さんたちはやっているのだなと想うと食べる時の気持ちも変わります。
見えないところで汗水流して愛情こめて育てています。

実際に3月に種を植えたトウモロコシと並んで写真を撮ってみました!




身長147cmの私ですが、同じくらいの背丈でした。

次にハウスで育てているトウモロコシ



ここで育てているのはミルキースイーツという品種で
フルーツコーンと呼ばれるほど甘いトウモロコシです。

実際にその場で収穫して生で食べさせていただきました。
生でトウモロコシって食べられるの!?
生で食べるのは甘くないと思っていましたが、食べてみると生でも甘くておいしい!!

スーパーで売られているトウモロコシと比べてみても甘さが全然違います。

次に金井栄さん(一番最初の写真前列右側)のトウモロコシ畑を見させていただきました。




こちらも品種はゴールドラッシュです。

栄さんは、トウモロコシの鮮度を一番大切にしています。
お客様には鮮度のいいままに食べてもらいたいと熱く語っていました。

栄さんの作るとうもろこしがおいしいのもそこに理由が隠されています!

それは・・・25年も朝どりをしているのです!!
朝どりとは明け方4時にとうもろこしを収穫するのです。

なぜ朝収穫するといいのか・・
甘さを逃さないんです

トウモロコシには糖分が含まれていますが、日中太陽の光をあびると、
その糖分がエネルギーに変わってしまい、甘みが減ってしまうそうです。


そのため、明け方収穫し、さらに鮮度のいいトウモロコシをお客様のもとへ届けるために
収穫後すぐに予冷をし、クール便で届けています。

なんといってもトウモロコシは鮮度が一番大事なんです!

またトウモロコシを作る上でのこだわりも聞いてみました。
トウモロコシには根元から葉が出てくる脇芽というものがあります。



栄さんはその生えてくる脇芽をあえて取らずに、光合成をする面積を増やすそうです。
そうすることで、根が強くなり、実もしっかりしたものできるそうです。

そんなトウモロコシのおススメの食べ方としては、
焼きだど邪道で、蒸気で茹でるのが一番いいそうです。

しかし!!

いちいち茹でるのはめんどくさいという方に、レンジでチンをおススメしています!




●やり方
.肇Ε皀蹈灰靴稜皮を一枚残す
▲薀奪廚砲泙い禿纏劵譽鵐犬韮押腺格温める。
N笋瓩襪泙妊薀奪廚鮗茲蕕困紡圓繊◆焚垢いうちにとってしまうと粒がシワになってしまう)
冷めてから食べる。(すぐ食べたいという方は気にせずお召し上がりください)


●保存方法
上記の 銑△泙任脇瑛
温め終わったら、ラップを取らずに、冷ましてから冷蔵庫や冷凍庫に入れる。


栄さんいわく、年末に冷蔵庫にいれたトウモロコシが年明けに食べてもおいしくいただけたそうです。
トウモロコシを作るだけではなく、鮮度のいいものをそのままお客様に食べてもらうことが大事だと
語ってくれました。
ぜひみなさんも試してみてください!

ちなみに私もいなげやさんで店頭販売する予定です!
魅力をたくさん伝えていきたいと思います!

金井さん貴重なお話ありがとうございました!
 
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 埼玉県 | 10:37 | - | - | pookmark |
第134回 関野さんの「血統書付き野菜」


 こんにちは!二子玉川ライズ店、ヤマエリがお送り致します。
今回は、埼玉県富士見市、関野農園さんにお邪魔します!
関野幸生さんと奥さまにお話お伺いしました。

**********************************************************

関野さんと言えば、無施肥無農薬でおなじみですが、
それと同時に関野さんが大事にしていること、
それは「固定種」である、ということ。

固定種を簡単に言うと、野菜の遺伝子が代々受け継がれながら
その土地に適応して、安定したもの。

昔からその土地で栽培され、種取りされて同じ畑で栽培を繰り返し、
その土地にあったものになったものが固定種です。


反対に、出回っている野菜の大部分を占めるのが「F1種」と呼ばれるもの。
これは、違う性質の親同士を掛け合わせて作った子供。
決まった遺伝子どうしを合わせることで、
すべて均一の野菜が出来るようにしたのがこれです。


難しいようですが、今では貴重なこの「固定種」
普段食べている野菜と同じと思えないほどおいしいんです!


貴重な「みやま小カブ」を食べさせて頂きました。


生でもおいしい「みやま小かぶ」


「サクッ」とした食感がよく、
やわらかいのにギュッと身が詰まっています。

クセがなく、甘みがあって味が濃い。
葉までぺろりと頂きました。


その次に見せて頂いた青首大根。
こちらは収穫はまだもう少し先。
関野さんいわく
「普通の大根は大根おろしにすると水ばっかり出るでしょ?
でもこれは水なんかでないね。」

そして、小さい「黒田五寸人参」
これがすごい。口に入れた瞬間から、初めて知った「人参の香り」が鼻の穴を吹き抜けました。
歯ごたえがあり、ギュッと味が凝縮されているようでした。


関野さんの野菜の味、それは、
肉質が締まって緻密、味が濃いこと
そのわけは

・肥料を与えないためゆっくり育つ。そのため、締まった肉質になる。
・普段食べている、「F1種」(固定種でないもの)は、「雑種強勢」という、
 早く大きくなる性質があるため、固定種に比べると薄い味になる。


さらに固定種をおいしく感じる理由

・    一般的に出回っている野菜は、野菜の卸先の要望に合わせて、
      味を均一にするために「味の薄いもの」、

流通しやすいように「硬いもの」というように、品種改良されてしまっている。
ネギなどは、固定種の方がやわらかく、食べやすい。


さて、ここで誰もが持つ疑問。
無施肥無農薬で野菜を育てることはできるのか。

出来るんです。しかも、こんなに立派に。

身の締まった青首大根
どーん!

肥料を与えないと根をしっかり張るようになります。
自力で野菜が栄養を得るべく、頑張るんです。

「硝酸態窒素」という、窒素(栄養)をはかる指標があります。
関野さんの畑ではかなり低い数値を示したのにも関わらず、
野菜自体からは一般の野菜と同じくらいの数値が出ているそうです。

つまり、肥料を与えなくても、根を張って、栄養を吸収している、ということ。

 

肥料を与えないから野菜の葉の部分が少なくなる。

その分、地面に日の光が入り、
雑草は生えやすくなるそうです。

その管理がとにかく大変
F1種の野菜に比べ、収穫までに時間がかかる
さらに、何か月もかけて育てても、割に合った値段ではなかなか売れない。

そんな苦労がありつつも、
それでも関野さんは「本当の野菜にこだわり続けます。


これから、我らが二子玉川ライズ店でも、関野さんのお野菜を販売します!

「関野さんちの『血統書付き野菜』(固定種の野菜)」

期間が限られているのでお見逃しのないよう!!




関野さん、本日はありがとうございました。
お野菜のように「ギュッ」と中身の詰まった濃い一日でした。


[参加メンバー]
二子玉川ライズ店 店長 五十嵐
二子玉川ライズ店     ヤマエリ

★集合写真を取り損ねました!ごめんなさい!

| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 埼玉県 | 01:41 | - | - | pookmark |
第126回 農場研修 国立ファームソルトリーフ農場(株) /(有)きのこ王国
 
こんにちは。
農家の台所 二子玉川ライズ店の柴田です。

今回は、来たる6月25日・26日に、二子玉川ライズ東急ストア内青果コーナー
恒例の
週末イベント,
ピクニックコーンの千本ノック!!』

で主役となる、ピクニックコーン栽培をされている、金井 栄さんの畑にお邪魔しました。


収穫間近!!

普段市場では出回らない幻のコーンなんです。

しかも、なんと!今回のとうもろこしは、すべて朝採り。

収穫から最短4時間でお店に並びます

そして、収穫してからの時間と保存方法が美味しさを左右してしまうため、お店に並んでいるときも、採りたての甘さを楽しんでいただけるよう、キンキンに冷やしてお客様にノックされるのをお待ちしております。

ピクニックコーン
で食べて美味しいとうもろこしの中でもイチオシの品種!


でも、味は抜群なのに、小ぶりなため、サイズ重視の市場では出回っていないのです。



今か今かとたわわになったコーンを見て、早くもイベントにワクワクしております。
当日は金井さんの弟子、菅原さんをお迎えして、イベントを盛り上げますよ!


さらに、金井栄さんのピクニックコーンのおいしさの理由は朝どりだけではありません!

ー穫前の一ヶ月は水をあげず、ストレス環境下に置き濃厚な味にする。
地元の牛糞、豚糞、鶏糞を混ぜ健康的な畑作りを行っています。
3間35センチ!これぐらいじゃないと日が当たらず実が大きくならないのです。


こんなこだわりの畑に
ほら、こんな住人も・・・


かえるも元気!に日向ぼっこしておりました。







| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 埼玉県 | 00:36 | - | - | pookmark |
第91回 新たな境地 「固定種」との出会い

 今回の農業研修は、趣向を変えて”座学”研修です。
商品部 松尾が報告いたします。


埼玉県飯能市に店を構える、

野口種苗研究所野口さん
お会いしてきました。


<訪問の切っ掛け>

野口種苗さんは、固定種という
現在一般的に販売されている野菜種子とは性質が異なる、
伝統的な種子を扱っている種苗店さん。

私個人としても、かなり久しぶりの訪問となりました。


今回の、野口種苗さんへの訪問は、
1/24に開催された無肥料自然栽培
講演を代表の高橋が聞きに行ったことから始まりました。


国立ファーム・農家の台所でもお取扱をさせて頂いている、
無肥料自然栽培の関野さんが参加されていたことから、
「農業に対する見識を深めるために興味本位で行ってみる。」と
講演前日には軽い気持ちの姿勢を見せていたのが…。

講演翌日には、野口さんの著書を抱え、
固定種について熱く語る高橋の姿が社内にはありました。

       

その変貌振りに感化され、訪問したいと名乗りを上げる社員たち。

見事選抜された猛者たちが、
改めて野口種苗さんへ固定種の魅力についての
教えを請いに訪問することとなったのです。

(実は、 高橋がなり を染めたものは何か?を探りたいという
興味の方が強かったりもしたのが、
帰宅時には全員見事に染められてしまいました…。)



<いざ出陣!>

今回揃ったメンバーは、

商品部仕入課長 谷口
営業部部長 奥野
ソルトリーフ事業 部長 上原
広報事業部 販促担当 熊田
農家の台所 国立店 店長 礒辺
農家の台所 国立店 料理人 吉田
てしまんま 店長 橋爪

以上の蒼々たる顔ぶれ。

移動の車中には普段とは違った緊張感が…。



飯能の街中を通り抜け、
くねくねと曲がりくねった山道を登り、

突如として現れる「野口のたね」の文字。

車を降りるなり興奮して
店内になだれ込む面々。


到着2分後の姿



完全に、オモチャ売場にいる子供たちの眼差し

国立ファーム流の表現で伝えると、
変態野菜の宝庫」がそこにはあったのです。







黄色地の目立つ絵袋は
野口さんのお手製絵袋。

種の来歴から育て方、食べ方、種の取り方まで、
絵袋を読めば全てが分かるバイブル。

野口さんの種への想いがぎっしりと詰まっています。



沢山の種の中でも目を引いたのが、




















札幌大球甘藍!

昭和初頭、北海道のキャベツといえばこの
大球甘藍だったとのこと。

ただただ、爆笑。

ほんの少し、国立ファームの農場で
栽培してみようかと思っています。


この他にも、

めちゃくちゃ美味しいけど、
割れやすいが為に廃れてしまったスイカ
旭大和


伝統の純血キュウリ
相模半白胡瓜


蒸かして焼いて食べる
くろもちともろこし

と、興奮と混沌のるつぼ。


ひとしきり熱が落ち着いたところで、
野口さんのお話となるのでした。




<まさかの講演会>

「それじゃぁ奥に上がって。」と促され、
奥の部屋へ案内されると、
そこにはプロジェクターと大きなスクリーンが。

質疑応答程度を考えての訪問でしたが、
講演会で行った内容を再度我々のために
やって頂けたのです。


野口さんの心意気に感服。
日毎から高橋に正されている姿勢というものを
まざまざと見せつけられました。

折角訪ねてきてくれるのだからと、
全力でもてなそうという姿勢。
この姿勢一つとっても、勉強になりました。

準備が整うまでの間に、
皆の目にとまったのがこちら。



種子の発芽試験の様子です。

種を販売するには、種苗法という法律の下
発芽率を調べるように決められています。

種は生き物なので、当然寿命があります。
保存環境によっても生存率が変わってきます。

そのため、有効期限1年として、その種子が
発芽する率を種の袋に表記するように定められているのです。


この発芽試験器「メネミル」
なんと、野口さんのお父様が開発されたもの。

非常にレトロなパッケージで味があります。
しかし、持っている機能はレトロではない。
目から鱗。理にかなったみごとな試験器。
おまけ機能で、何と!スプラウトの栽培も出来ます!!



この発芽試験器、
部屋の至る所で発芽試験のために大活躍していました。

-------------------------------------------
文が長いのでここでちょっと一息。

問題:下の写真の中に、発芽試験器「メネミル」は
いくつあるでしょう?
















答え:48個



春まき用種子の試験で大活躍の様子。
-------------------------------------------

そうこうしている間に、講演の始まりです。



<固定種と一代雑種>

さて、やっとやっとで本題です。
(内容があまりにも多すぎて、なかなか整理も出来ていません…)

本篇の冒頭にも書いている、固定種とはそもそもなんでしょう。

簡単に表現すると、
固定種とは、その野菜の種をまくと、また同じ野菜が育つ種のこと。


知らない方にとっては、この時点で頭の中が「?」だらけではないでしょうか。

トマトを育てて、出来たトマトの種をまいたらトマトがはえるでしょうと。
ここでいう同じ野菜とは、品種のこと。
桃太郎トマトから採れた種をまいても桃太郎トマトは生えないのです。



現在、一般的に販売されている種子の多くは一代雑種です。
この種は、その野菜の種をまいても同じ野菜ではありません。


分かり易く表現すると、
固定種は純血種。
一代雑種はそのまま、雑種です。

たとえるなら、
固定種は、血統書付きの柴犬
血統書付きの柴犬通しの子供は純血。
当然、血統書付きの純血の柴犬が生まれます。

それに対して、一代雑種はミックス犬
見た目はかわいく、性格の操作もし易いですが、
ミックス犬の子供は、両親のどの遺伝子が
現れるか分かりません。

純血が失われ、雑種が氾濫する流れに危機感を覚え、
純血(固定種)を守っていこうと活動されているのが
野口さんなのです。

雑種のみの世界になってしまうと、
種メーカーが販売を止めた品種は、
二度と栽培されることが無くなってしまうのです




では、なぜ雑種がもてはやさせるのか。

そこには、一代目の雑種に限って発動される
自然の摂理が関わってきます。

遺伝子が遠いもの程、
掛け合わせた時に出来た子供は強健になる。
この特性を生かすことで、
均一に揃い、純血よりも早く育ち、
特定の病気に耐病性を持たせ…
と、
生産・流通の都合によって開発されているのが
一代雑種なのです。




こうなってくると、固定種には何のメリットもないのか?
との疑問が湧いてきますが、
固定種にも良い面があります

まずは何よりも、その種に歴史があること


何年にもわたって優秀なものを選抜・淘汰しながら
受け継がれてきた野菜は、日本人の食生活に深く根付いています。
これが伝統野菜と言われる、京野菜や加賀野菜など。
だからこそ、「おいしい」と言う面では、固定種に軍配が上がります
(トウモロコシ・カボチャについては、
日本人の嗜好が西洋的になってしまったので
おいしいの判断価値が違うとのこと。)

また、種の一粒一粒に個性があるため、
ちょっとした気候変動で全滅すると言うことがありません。
育ち方がバラバラなのも見方を変えると、
一斉にまいても長期にわたって拾い取りできる というメリットになります。

だからこそ野口さんは、
出荷用は一代雑種。自家用には固定種を。と案内されていました。
名言です。


全体主義と個別主義。
ここからだんだん話しが深くなっていきます。











が、これ以上はレポートも書くのも一苦労なので、
今回はさわりだけ。




これだけ書いてもまだ、基礎知識の域というのが奥深く、
見事に染められてしまった要因なのでした。




何とも楽しい時間を過ごし、
講演が終わった頃には、一同知識の整理もつかず。。。
ここからいかに自分たちの知識として咀嚼し、
吸収して伝えていくか。



日々精進していきたいと思います。


野口さん、
貴重なお時間と親切な対応を頂きまして
ありがとうございました。




最後に、
長文を最後までお読み頂いた方にお伝えする
耳より情報。


なんと、「農家の台所」・「てしまんま」では、
野口種苗さんの固定種種子の一部を
販売させて頂いております。



ぜひ、ご来店の際はマニアックな世界へ足を踏み入れてみませんか?




野口種苗研究所
http://noguchiseed.com/

HP内でも色々と詳しく書かれていて、読み応え抜群です!


***************************
本日の参加者
***************************
商品部 仕入課長 谷口
商品部 仕入課長補佐 松尾
営業部部長 奥野
ソルトリーフ事業 部長 上原
広報事業部 販促担当 熊田
農家の台所 国立店 店長 礒辺
農家の台所 国立店 料理人 吉田
てしまんま 店長 橋爪



| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 埼玉県 | 14:51 | - | - | pookmark |
第68回 無肥料栽培の秘密を探る!
 
こんにちは!!
農家の台所、恵比寿店スタッフの山岸です!


今回、お伺いした農家さんは、
店内のポスターにてお客様の気になるランキングNO1
無肥料無農薬農家さん、
埼玉県ふじみ野市の関野幸生さんです。


お客様が気になるのは、
本当に無肥料で育てているの?育てられるの?というところ。
その疑問を、関野さんに直接ぶつけましょう!



(疑問に対して、熱心にご説明してくださる関野さん)

関野さんの農業の一番の特徴は、固定種を育てられている事。
これが無肥料で育てていることに密接に関連しています!


ここからは、ちょっと難しいお話なのですが、
省くわけにはいかないので、
山岸の拙い講義にお付き合いください(笑)


固定種とは、種が継続的に取れる昔からある種類の野菜のことです。
収量や形質が安定しないため、農業に不向きだと言われているお野菜です。
ですが、あえて関野さんは、この固定種のお野菜を育て
しかも種をとりつつ、翌年も同じお野菜を育てていらっしゃいます。

同じ野菜を毎年、育て続けることによって、
土も種もお互いに馴染んでいって
無肥料でも野菜は育つということなんです。



(こちらは、関野さんが育てられている固定種の宮重大根です)

関野さんは、おっしゃいます。
「固定種は、形や成長がバラバラだけれど味はピカイチなんだよ!」

見た目ではなく、味で勝負!!
というのが関野さんのお野菜なんですね。

ちなみに、関野さんが育てられている種の中には、
関野さんがいなければ、絶滅してしまうものもあるそうです!


もちろん、お話だけでなく農作業も!
今回のメイン作業は、草取り!



さあ、草取りするぞ!と作業をしていると…




こちらの植物は取らないで!とのこと。
線虫予防に育てているネマキングという植物です。
関野さんは、このネマキングもご自身で種をとり
来年もお野菜と一緒に植えられるそうです。

さすが、種取りのプロですね!

丁寧に難しいお話をサラッとされる関野さん、
とっても知的な農家さんで、もっと詳細なお話もお聞きしたいと思いました!





<本日の参加メンバー>

前列左〜後列右
 奥州谷 (農家の台所 新宿三丁目店)
 関野幸生さん
 横田  (立川てしまんま)

 石川 (農家の台所 国立店)
 佐藤 (農家の台所 国立店)
 綾部 (農家の台所 国立店)
 岩田 (農家の台所 恵比寿店)
 山岸 (農家の台所 恵比寿店)

写真撮影
 川原 (国立ファーム 商品部)
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 埼玉県 | 23:16 | - | - | pookmark |
第24回 三浦大根の自家採取に挑戦


こんにちわ!2回目の登場となります。

国立店の伊藤がレポートします。

今回は埼玉県富士見市の無肥料、無堆肥完全自然農法関野幸生さんのところに訪問致しました。
実は、関野さんの畑へは先週もおじゃましたばかり(先週の訪問時の様子は石川がレポートしています!http://hatakegaku.jugem.jp/?eid=23

私たちが今回お手伝いしてきたことは三浦大根の種の自家採取です。



↑こんな様子です!三浦大根の種を採取!!



まずは関野さんのご自宅内の畑になった大根の種をはさみで収穫!

これがなかなか絡み付いて一同大苦戦!!




関野さんに指導を仰ぎながら、鞘から種を採取しました。




これが三浦大根種。小さくてかわいいですね!



関野さんの指導を仰ぎながら、摘み取った種の鞘を手でそぎ取りました。

関野さんは6年間自家採取を行い、土地にあった種を採取しています。
いい種を取るためには、選別段階で自家採取用の野菜の虫食いが少ないこと、形が整っていることを確認することが大切だそうです。

また、大根の場合は水に大根を沈めて浮いてこない大根を選び、自家採取を行ってきたそうです。

驚いた事に枝は枯れているのに、大根は腐らずに形を残していました。


関野さんは種を取るためには、畑の窒素が抜けていないと採取できないとおっしゃっていました。
余分な養分があると大根は腐ってしまい種が採取出来なくなってしまうそうです。
前回訪問したときに、大根の種採取は鞘の殻が非常に固いため、ペンチを使って殻を割る作業になるので非常に大変だと聞いていました。

今年はよく乾燥していたため、手で殻が割ることが出来ました。
4人で約4時間の収穫作業を終えて、関野さんが作られたきゅうり(相模半白)を頂きました。
すっきりした味でみずみずしく、乾いた喉を潤してくれました。


これがその相模半白です。


美味しく頂きました!!




**************************************************

続いては、関野さんの畑を見させていただきました。


現在栽培中の真黒茄子。


これはネネトマトです。


先週訪問した時よりも遥かに大きく成長した真黒茄子とネネトマト!!

生命力を感じる元気な苗!

植物の呼吸が聞こえてきそうでした!


茄子の葉は必要以上に大きくならずに、お互いの葉の位置を確認しあうように重なることなく生い茂り、最大限に太陽の日を吸収していました。肥料を与えられない事で、植物は自らの力で根を地温が安定する深さまで伸ばし、毛細根が成長に必要な養分を吸い上げる。

植物本来の力を引きだしてあげる事が大切だそうです。
個々成長状況の違いを毎日見ることで、どこの土に余分な肥料があるかが、一目で分かるそうです。その原因を取り除くこととで年々土の状態が改善され、より強い苗が出来るそうです。

まさに土と植物を自然の力を使いながら、管理していく!
そこに高い技術と積み重なった経験が自然農法の凄さを感じました。

***************************************************






<今回の参加者>

農家の台所 国立店 伊藤 板見 アルバイト 内田

農家の台所 恵比寿 斎 関野

| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 埼玉県 | 22:29 | - | - | pookmark |
第21回 みっちりびっしり!自然農法は楽じゃない……草むしり

こんにちは!
農場研修レポート、今回は農家の台所国立店の石川がお届けします。
 
★今回の訪問先は関野農園さん。
おところは埼玉県富士見市でございます。

関野農園研修090619いざ! 

今回はトウモロコシ畑の草むしりというお題をいただきました。 関野農園研修090619トウモロコシ
参加者中最年長の私は素手で奮闘。

土の手触り、草の根の手ごたえに命のたくましさを実感しました。
…というか、この草が手ごわい!全然抜けません。

 これを一日中繰り返して、くたびれてしまったわけです。
メモをとる手が震えています(苦笑
 
「やってみてわかったと思うんです。
普通なら除草剤を使いたくなるというのがわかるでしょう?」
とは関野さんの弁。

でも、除草剤を使わないのが関野さんなんですね。
 この手ごわい草の根を引っ張りあげると、自分のしゃがんでいる地面までもがぐらぐらします。
どこまで根を広げているのやら、空恐ろしい限りです。

 どうにか草を引っこ抜くと、わらわらと虫たちが這い出てきます。
ありんこだの、ムカデだの、名前のわからない虫たちがうようよと…。
虫たちがうじゃうじゃいる一方で、野菜たちは食い荒らされることも無く、
ピンピンと葉を広げているんです。
 
目に見える虫がこれだけ元気にうじゃうじゃしている、……
ということは目に見えない微生物たちも活発に活動しているはず!

微生物たちは、植物の生育に必要な窒素分を自身の中に溜め込んだり、
さまざまな形で土壌に放出していたりするそうです。
 「目に見えない土の中を、思い描くんです」と関野さん。
激しい雨がふっても微生物が持つ窒素分を畑の外にあふれさせないために
「マルチ」というビニールシートを使っているんですね。
さらに、排水性を高めるために「高うねマルチ」という構造を採用しています。
 


★さてさて。


農作物にとって「いい環境」とは何なのか、ということについて土壌検査を
行っているチームが関野農園にやってきたときの話をしてくれました。

 関野さんの畑の中で、生育状況の最も良い地点と最も悪い地点とを
化学的検査、物理的検査によって比較したそうです。
 結果は、化学的な違いは認められず、違ったのは物理的な違いだけだったそうです。

 ここでいう化学的な違いは肥料分の多寡で、いっぽう、物理的な違いは「土の硬さ」です。
単に硬いかどうかでなく「硬い地層がどの深さにあるか」とおっしゃっていました。
この硬い地層のことは、硬盤層(こうばんそう)といいます。 土の中は、ある一定以上の深さにもぐると、地熱の恩恵で外気温の影響を受けにくくなり、冷夏でも害を受けなくなるそうです。
その深さまで根を伸ばすことができれば、たくましく、立派に育つのだと。
 
関野さんの話はとどまるところを知りません……。
 「いっぺんに難しい話をしてもわからないと思うので」と関野さん。
「新しい本、いまどきの本には書いてあることなんだけど、きちんと読んでいる人は少ないよね。
めんどくさがって読まない人が多い」
「自分の既成概念を覆されると人格否定されたと思って猛反発する人もいる」ともおっしゃっていました。


★そういえば、
今回訪問するにあたって、われらが国立店のタジンシェフ・吉田が
大いにわめいておりました!

「俺に行かせてくれ〜〜頼むから行かせてくれ〜!
 パオーン!!」
と。
 
なぜそんなに吉田が行きたがったのか?
それは、野菜がうまいからなんです

同じ品種なのに、他とは全然別格の仕上がりになっているからなんです。
と、申しておりました。

今回お手入れをさせていただいたトウモロコシがいつごろ食べられるのかは
まだわからないとのことです。
「昔ながらのスイートコーンなので、いまどきのものと違ってベタベタに甘いということは無い。
でも食べ飽きない味です」と。
 
そういえば、トウモロコシの隣には「でじま」というジャガイモが花を咲かせていました。
早く食べてみたいところですね。
 あー!楽しみです。
 


★さて、
その関野さんですが、
農家の台所でおなじみの「選挙ポスター」にも
ご登場いただいていますので、ちょっとおさらいしておきましょう。

ポスターのキーワードはこれ →「無肥料党」


 
肥料を与えず、農薬もまかず、自然の働きを生かそうということです。
摘果や摘心なども、生命が本来持っている力を損なうことが無いように
行っていくとおっしゃっていました。どこまでも、一つ一つの命と向き合おうという関野さん。
 

炎天下で作業したあとには、心地よい風が
エアコンの効いた室内にいたのでは味わえない爽快感!!

 
最後にちょっとだけ鎌を使わせてもらいました。
ザクザクッ!
おおっ、楽だ!
 しかし、すでに握力の限界。
 
手伝いに来るベテランさんたちは、それこそ見事な手さばきで刈り進んでいくのだそうです。
一度みてみたいです。

終わってみて……。
畑のうねひとつひとつにも思いやりを感じる畑でした。
私も本当の意味でお手伝いになれるように、と思いながら畑を後にしました。
 思索の深まる、不思議な農場研修でした。

sekinosyugo
 
<今回の参加者>
商品部:谷口
農家の台所国立店:伊藤、佐野、石川
てしまんま立川高島屋:横田
 
(文:農家の台所国立店 石川)
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 埼玉県 | 00:10 | - | - | pookmark |
第12回 埼玉県へアスパラの根掘りへ!

こんにちは!農家の台所国立店の林中です。

<本日の訪問先>
今回はアスパラの根をいただきに埼玉県某市のキクチさんのアスパラ畑に。
それを他の畑に植えて自分たちで朝取りアスパラを収穫してしまおうというビック企画です。

アスパラの根を植えると一年後にまたアスパラが生えてくるとのこと。
すばらしい生命力!
今までてっきり種から育てていると思っていた自分はまず1驚き&1恥かしです。


国立から2時間半車で走ったところで目的地に到着。
キクチさんが爽やかな笑顔でお出迎え。
「もうここはブロッコリー植えちゃうから、好きなだけ持っていっていいよ」
豪快なその言葉をそのままいただき、早速作業スタート。



アスパラ畑を見ると、ひょろひょろとアスパラが優雅に生えています。
(こんなん一時間で終わってしまうんじゃないか)
そんな考えが頭をよぎります。
「さあやるぞ〜」とスコップを一撃・・・




???


なんかぎっしり詰まってるんですけど!


土より根の方が多いんじゃないかと思うぐらいどこを見ても

根・・・根・・・根・・・


一つの株がまるでレゲエのカツラみたいになってます。
「なんじゃこりゃ!」
と本日2驚き目。
アスパラを甘く見ていた自分に猛反省です。



アスパラの根ショックから立ち直り、皆で作業続行。
良い根を探して掘り進めます。
同じ畑で育っていてもやはり根にも個性はあります。

中身のぎっしり詰まった「良い根」と中身のない「スカスカな根」があり、

来年良いアスパラを収穫するためにはここで良い根をしっかり選ばないといけません。
皆だんだんと基準が厳しくなっていきます。

「このエリアすげえ!」
「駄目だ!スカスカだ!」

「いい根出た〜〜〜!!」

と皆のテンションも絶好調に。
気付けば合計600株も掘り出していました。
その山を見て一言。

「これトラック乗るかな・・・」


アスパラ(の根)堀りは計画的に。
結局トラックにはかなり無理をしてぎゅうぎゅうに詰め込みました。

これを来週畑に植える作業を行います。
はたして一年後「朝取りアスパラフェア」開催となるのか。
番外編「貝塚料理長のアスパラ畑」はいかに!

次回に続く・・・


<本日の参加者>
・貝塚料理長・林中(農家の台所 国立店)
・舟山(農家の台所 恵比寿店)
・服部(てしまんま/立川高島屋9階)
・松崎(国立ファーム EC担当)
・谷口・松尾(国立ファーム 仕入課)

| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 埼玉県 | 22:02 | - | - | pookmark |
第4回 埼玉県富士見市の無農薬・無肥料栽培の関野農園さんへ
今回は、国立店のホールスタッフ大口紀子がレポートします!

<本日の訪問先>
埼玉県富士見市の関野農園さん。
幸生さんと博子さんのご夫婦です。
 
無農薬・無肥料を貫き、作る野菜はお見事。
農家の台所でも、深山こかぶや丸葉小松菜など、お客様に絶大な人気を誇ります。

<本日の参加者>
吉田・大口・池田(農家の台所 国立店)
中村(農家の台所 恵比寿店)
豊浦・谷口(国立ファーム仕入れ課)

<本日の作業>
・種(真黒茄子)を採取後の畑で、枝を支えたクリップ・紐外し、ネット外し、支柱抜き


★本日の新発見★
関野さんの畑はA型の畑!
自然農法ならば、雑草がボサボサかと思いきや、全然違うんです。


↑枝だけ残ったナス。枝の張り方見事じゃないですか?
なぜ夏に収穫が終わるナスを今まで置いておくかというと、無肥料で育てると根っこがすごく張るので、すぐには抜けず、冬の霜にあたって、やっと抜きやすくなるんですって!

無肥料栽培は、芽を出してからの生育が遅い。目を出したら植物は生き延びるために、養分を探して根を懸命に張り、細かに広く深く沢山の根がでるんだそう。
雑草も同じく芽を出してから根を張るのだけれど、根が伸びる前にちゃんと草刈りをすれば、キレイな畑になるのだと。

この日、初めて私も土を食べてみました。関野さんの畑の土は無味。味はやっと粉のような味。無農薬・無肥料により土はこんなきれいになるのかと驚きました。また、細かくやわらかい。そこで眠りたいと思うほど


旦那さま、奥様ともにA型。
旦那さまは芸術家肌なので、集中して深く追求するタイプで「この畑をみれば分かるでしょう!?」と奥様談。
ひもの縛り方や枝の細かな支え方、マルチのしわのない敷き方、確かに美しかった。



今回の「外す」という作業は3人で1日でやってしまうそうだが、設置は3日もかかるらしいんです。実が大きくなっても支えられるように、葉が茂っている枝を丁寧に紐とクリップで留めていくのは手がかかるだろうなぁ。 


↑作業終了まもなく。支柱がなくなっても、なお美しい。

作業後、農業を始めたときのエピソードなど伺うことができました。


関野さんご夫妻が農業を始めたのは7年前。旦那さんは宅急便の下請け、車の整備士を経て、祖父が元気なうちにと農業を継いだそう。そして、無農薬・無肥料栽培を始めたのは5年前。
最初はいわゆる有機農業をしていて、防虫のため、とうがらし、牛乳、たばこのカス、竹酢液など、いいと言われるものは試してみたそうです。
・とうがらし→効いてるのかわからない。
・牛乳→家族全員牛乳嫌い!
・たばこのカス→臭くてだめ!   
ということで、行き着いた先が無農薬・無肥料農業なんですって!

その頃、関野さんたちは、場所を変えて、数ヶ所で直売をやっていたそう。
お子さんを保育所に預けていて、周りのお母さんたちは、お迎えが20時過ぎになったりして、スーパーに行ってもいい野菜は残ってなく、仕方なくお肉料理などになってしまうという話。
それならば、保育所で売ってみよう!と売り出したところ、「買う!」と言ってくれたのはお母さんではなく子供たちだった。「にんじーん」「だいこーん」と言って、覚えたりしながら(かわいい・・・)。

お得意様は子供たちになり、その結果お母さんたちも買うようになったといいます。
「子供たちは、“本能で”良いものを選ぶ。おいしくないものは、『まずーい』と口から出す。」と奥様。
確かに、農家の台所でもそうだ!

また、お二人の注目すべき点は、消費者目線を第一に考えていること。
泥付きがいいと世間で言われていても、深山こかぶは洗って出荷。
マンション暮らしが多い地域で、台所に泥は結構困っちゃうでしょ、と。
袋も特注。ふわふわの葉のことを考えて、野菜の生え方そのままになるように。

また訪問したいし、野菜の成長を見たいと思いました。

 
何度見ても、キレイです。関野さんの野菜は、枯れることはあっても腐らないんですって。
窒素過多じゃないから。


<2007年に農家の台所スタッフが関野さんを訪問したときのレポートもあります>
関野さんのこだわり〔技榿醋鞠戚瑤稜清箸辰董△覆法
関野さんのこだわり⊆家採種
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 埼玉県 | 12:22 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS