国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
山も畑もひそかに作り続けます
 

千葉農場と言いながら山仕事ばかりのミニ社員旅行も6回目

今回も山仕事らしい仕事をしてまいりました。

 

現在は竹で仮設置中の山頂ヤグラ(3階建て)

  

これをいずれはきちんと木材で補強するべく、
「木材」をつくります。

 

 

 

杉の伐採。

木を切るのならば秋冬。

寒くなってくると地中からの水分・養分の吸い上げが少なくなり、
腐りづらい、虫が付きづらい、

表面がしまっているなど・・・伐採の旬は冬なんです。

 

今回も大学生が2名、立教大学の観光学部と東京大学の文科稽爐ら参加してくれました。



いきなり丸太運ばされています。

 

 

切ったら皮を剥きます。



普通は製材所にもってゆくと機械で一気に製材して終わりなのですが

すべて手作りの千葉農場。
吉田林業さんがカマの柄を長くしたような道具を持参
(おじいさまが鍛冶屋に特注してつくった道具を久々に開封していただきました)

すごい切れ味です。

  

とりあえずこうやって乾燥させて、材木として使えるようにします。

20年、30年と育ってきた命を断ち切るわけですから、
大切に使わねば。

 

  

秋ならではの山の幸も。


 


原木椎茸
です。

原木は普通クヌギなどが多いですが、この山にたくさん生えている
マテバジイ
という木を使っています。

6kgほども取れました。

 

 

 

そして今回は、畑作りもちょっとだけ。

千葉農場の畑は重粘土といってシャベルを差し込むのも厳しい硬さです。
  

 

もともと水田として使われてきたこともあり、土作りがまだまだ出来ていません。

とはいえ、現在の省力管理で7反(約2300坪)の地面を一気に改善は出来ません。

今回、5坪(約4m×4m)の畑を重点的に土作りしてみようということで、いままで刈ってきた雑草を乾燥させたものを大量投入しクワですきこみました。

 


 

こうやって有機物を混ぜてゆくことでまずは土を柔らかくします。

「物理性の改善」と農業界では言ったりします。

土作りの第1歩ですが、先は遠い!

 

  

【参加者】
農家の台所 国立店           武田さやか
農家の台所 恵比寿店        斎藍
農家の台所 新宿3丁目店   村澤周平(料理長)
広報                                 山口慎司
商品部                 小野淳(引率)

大学生2名

| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | ミニ社員旅行 | 18:37 | - | - | pookmark |
ついにお客様がやってきた! 女子大生@千葉農場
 
「旅行」と称して
社員に強制労働を課する

ミニ社員旅行農業技術強化合宿

ですが、今回はちょっと特別編

 

待望のお客様来場です。
景色
志のある女子大生が6名参加!

農業にバリバリ興味のある農工大から3名と
芸術の秋ということで東京藝術大学からも
3名が参加してくださいました。

 

なにゆえ女子大生が社員旅行に?

 

千葉県における巨大集客施設

ディズニーランド

を仮想ライバルとして
発展を続ける国立ファーム千葉農場のアドバイザーとしてご招待したのです。

 

はたして若い女子たちは千葉農場になにを見出すのか?

 

 

竹酢液 粘土

竹酢液作り       畑の強固な粘土層

を見学いただき

 

いざ山へ

 伐採

吉田林業さんの号令の下、容赦ない肉体労働へ

竹の伐採と運搬です。

最初は「え〜これ運ぶの?」とビビッていた女子大生達も

いざはじめてみるとなかなか夢中になるもので

 梯子づくり

こんな竹梯子を作ってしまいました。長さ6m

前回作ったヤグラのさらに上層階を作ります。

 3F

これは高い!

3階建てです 


しかし展望は・・・

まだまだ。いったいどこまで高くすればいいのか?

 

そして最後の〆は

お絵かき!

 お題は 千葉農場バージョンアップ計画

画1 画2 

 etc

巨大滑り台
滑車つき洞窟
牧場にロープウェイ と採算度外視の企画の数々・・・


でも将来の目玉企画がここから生まれる可能性は高い!
これからも、こんなアイデアを出してくれる学生さん千葉農場体験へ大募集です!


集合写真

******************************************

〜今回の参加者〜

小野淳(商品部)
野主潤(農家の台所 国立店)
豊浦将人(農家の台所 恵比寿店)
奥州谷寿子(農家の台所 新宿3丁目店)
高橋竜太(物流センター)
住田広樹(EC担当)
吉田誠祐(国立店 料理人)

東京農工大・東京藝術大生の皆さん

| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | ミニ社員旅行 | 11:26 | - | - | pookmark |
野生の王国 千葉農場です

一気に社員が居なくなる社員旅行は無理だから・・・
ということで、小分けで実施されているミニ社員旅行に行ってきました。

毎回「ミニ社員旅行の参加者募集で〜す!」といっては、

現場についたとたん
「虫食いのレタスを綺麗に片付けてくださ〜い!」
「はい!この竹を全部伐採して運んでくださ〜い」

などと強制労働を課する

 

ミニ社員旅行≒農業技術強化合宿

 

であります。


引率はいつもながら商品部、朝どり部隊の小野淳が担当します。

 

千葉農場のある南房総市(旧 三芳村)は

野生の王国!


前回の天然ウナギに続き、今回登場する野生はこちら!

 

 

モズクガニです。


かつては日本全国でよく獲られていた川ガニです。
ご存知でしたか?

 

カニ味噌の美味しい上海ガニのお仲間なんです。
ちなみに上海ガニの正式名称は「チュウゴクモズクガニ」

なので兄弟関係です。


こいつが千葉農場近くの川にいるんです。

 

気になるお味は・・・

あとにして

 
今回のミッションは 

裏山をディズニーランドに負けない
エンターテインメントスペースバージョンアップだ!



 

このチープな横文字の連発を具現化するべく。

まずは木に登ってみました。


   

                こりゃ何も見えない・・・

 

山→展望
という単純な欲求をみたすべく、出動いただいたのは山の管理をお願いしている吉田林業さん。
とりあえず、木と木の間に橋を渡してみますが、

 

 

やっぱり座れるぐらいのスペースは欲しいですよね。
ロープを使って丸太を固定してゆきます。

半日かかって

 

なんとなくそれっぽい?

邪魔になっている竹を切り出して

さて見晴らしは・・・?

       

                      う〜ん いま三ぐらい。


まずは第1歩、ここを足場に、さらに2mは上れるように
・・・

次回をご期待。



作業を終えて、
 

待ってましたのモズクガニ

吉田さんが近くの川から調達してきてくれました。

甲羅を取ると、しっかりとミソが乗っています。

 

それ以外は包丁で叩き、濾しとります。


  




モズク汁の出来上がり。
お味は、独特の甘みがあって最高!



 

夜の宴には
農家ポスターにもなっている安西淳さん(トウモロコシ・レタスなど)とそのお仲間生産者たちも

お子様たちも参加して、にぎやかに夜は更けていきました。


参加者

伊藤祐二(農家の台所 国立店副店長)
中川葵 (農家の台所 恵比寿店店長)
市川暢 (農家の台所 新宿3丁目店)
綾部晃三(農家の台所 国立店料理長)
廣本直樹(物流センター長)
内田秀典(ソルトリーフ事業部)
小野淳 (商品部)

| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | ミニ社員旅行 | 18:04 | - | - | pookmark |
ミニ社員旅行

 「ミニ社員旅行」という名の里山研修
遊びと仕事の間を迷走しながら、3回目を迎えました。

今回のブログは、社員旅行の主、生産部小野がお届させて頂きます。
(今年の千葉社員旅行は全部私がコーディネートし、引率しているんですよ)

さてさて、今回のテーマは「炭焼き」です。




千葉農場にはこんな立派な炭焼き窯が用意されているんです。
半年使っていなかったため、まずは炭焼き窯の整備から
ど素人たちに山男の常識を指導してくださるのは
山林を管理していただいている吉田さん。


釜の上には粘土が貼ってあります。そこに水をかけスコップでペッタンペッタンと叩き、
空気が入らないように隙間を埋めてゆきます。

炭窯の基本は空気が入らないこと。
「炭焼き」といいますが、焼くといっても、普通に燃やしてしまったら灰になってしまいます。
灰にならないように、空気を絶って、不完全燃焼してできるのが炭です。

今回作るのは炭といっても竹炭
竹を程よい長さに切り出して火をつけます。
しかしフタの不良によりいきなりの空気漏れ・・・とほほな結末。



と思いきや、そのぐらいのトラブルは想定内、目的をシフト。

竹酢液の採取です。
竹を燃やした煙が煙突を伝わってゆくうちに冷めて、液となってポタポタたれてきます。
これが、竹のエキス竹酢液なのです。




ちょっと鼻をつく匂いの竹酢液ですが
次のような効果があると家荒れています

’めて土に播けば微生物の働き活性化しがすすみ、
  土作りを助けてくれる
濃い液を使用すれば殺菌・防虫につながる
石鹸・化粧水・入浴剤などにつかうとお肌がすべすべに!?
す灰劵好織潺鷂果があり、アトピー・水虫などにいい

本当か?と思うぐらい、使い道がいろいろとあるエキスなんだそうです。 
6〜7時間燃やしたらこんなに取れました。




約4L!!

恒例となったバーベQでは、吉田さんが近くの川で釣ってきた
天然ウナギ! を捌いてくれました。




天然物のウナギなんてなかなかお目にかかれませんが、
千葉農場のある南房総では、まだこんな野生が残っているんです。



自然界の食を味わえるのが、やはり最高の贅沢
今回も里山の夏を満喫しました。

吉田さんに頼ってばかりですが・・・




●●●●●●●●●●●● 参加者 ●●●●●●●●●●●●●●●
農家の台所 国立店    佐野あゆみ
         国立店    佐藤精記
           恵比寿店 大崎理菜
           新宿店   高井直
てしまんま            五十嵐由紀
 商品部                     川原くに子
                            小野 淳
物流センター              安井裕貴
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


 

| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | ミニ社員旅行 | 15:16 | - | - | pookmark |
【ミニ社員旅行】第1回 5/30-31
長雨が続いた5月末。

国立ファーム2009年度社員旅行が開催されました。
総勢8名!!



ちなみに総社員数は64名なので1/8の参加者。
外食部門を抱えている以上、各部署一斉に休みをとるわけにもゆかず、だったら分割してしまえ!という高橋の采配で「ミニ社員旅行」なのです。

場所は海の幸・山の幸に恵まれた千葉県南房総市。
われらがダッシュ村、千葉農場(自社農場)です。


幸い、天気は回復。



社員旅行といえば、バスでビール、温泉でビール、夕食でビール、翌昼まで爆睡・・・
というイメージですが、
国立ファームはちがいます。

今回の社員旅行の目的は これ↓



草だらけになってしまった畑をきれいに片付け、次の作の準備をする。
というわけで・・・



めくっているのはビニールマルチ
地面を覆うことで水分を保ち、雑草を押さえます。
野菜の生育を助ける必勝アイテムなのですが
千葉農場の土は粘土質でマルチにガッツリこびりついています。
片づけは力仕事!


昨日までの雨とは打って変わった温度上昇に
みなだんだん無言になり・・・顔は青白く。



6名で片付けること7時間・・・これだけの山になりました。
1トンはゆうにあるでしょう。
「農業」というと環境にやさしいエコイメージがありますが、
現代日本の農業はこうした石油を原料とした資材に支えられています。
日本全国で毎シーズン大量のこうした産業廃棄物が生まれ、処理場で燃やされています。
処理するにも当然お金がかかります。

かといって、マルチを使わずに農業をやったら、草取りや水遣りに時間をとられて仕事になりません。
あまり知られていないこういう問題と向き合うのも社員旅行の大きな目的のひとつです。
実際にやってみなけりゃわからない。

仕上げはトラクターで、耕します。



周りの草も刈り、畑のリセット完了。これで次を作付けられます。



汗を充分にかいた後は
農家の台所 千葉農場バージョン



・・・ていうかバーベQ

野菜を知るには農業を知る、農業を知るには実際にやってみる!
どこの外食よりも野菜を知っている、農作業も出来るスタッフ育成!

そう。
ミニ社員旅行という名の「社員農業人レベル強化合宿」
こそが今回の裏テーマ。これから毎月開催します。
次回は山師、吉田さんと山に分け入る予定・・・7月上旬をお楽しみに。




【本日の参加者】
・高橋雅人・竹中(農家の台所 国立店)
・村田(農家の台所 恵比寿店)
・福田(てしまんま/立川高島屋9階)
・小野・松尾(国立ファーム 仕入課)
・関(国立ファーム 物流センター)
・豊田(国立ファーム 総務部)
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | ミニ社員旅行 | 21:04 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS