国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

<< 第91回 新たな境地 「固定種」との出会い | main | 第93回 山本勝三さんの畑、第二弾! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第92回 貴重な国産パプリカ農家さんに会いに茨城県へ!
 
こんにちわ!!

農家の台所新宿3丁目店の吉澤がお送りする今回の研修先は・・・・

農家の台所レストランのサラダバーで!お料理で!八百屋で!!!!

大人気の国産パプリカ農家さん

☆ 茨城県 水戸市 蝪edy 林 俊秀さん ☆



林さんは数少ない国産パプリカを作るとても貴重な農家さんです。

そんな林さんのパプリカは3色!!

赤:ティアルフ 橙:ブギー 黄:フェアウェイ

生産率の7割が赤パプリカ。3割が黄色パプリカ。

橙は3色の中で生産率が少なく極めて貴重なお色なんです。

私たちのお願いでなんとか栽培の難しいオレンジパプリカ、ブギーを育ててもらっています。

なんてったって!このブギー!一番甘味もしっかりしていて

大人気なんです。といっても赤も黄も橙も、林さんのパプリカは濃厚な甘味と

程よい肉厚でシャキシャキした歯ごたえとジューシーさで定評を頂いている

レストラン名物サラダバーで1年中お召し頂ける名物野菜には変わりありません!!!!

特に3月後半〜6月にかけては出荷大盛期となります!

ただいま、出荷に向けてパプリカはすくすく育ち中!!



こちらパプリカを育てているハウス内です。

1列に 250株 のパプリカの木が並んでいる大迫力なパプリカ畑。

1つの木からは 40〜50個 収穫できます。

この緑緑した葉でわかるようにこれはまだ若い木でこれからやってくる春、

そして冬に出荷盛期となるパプリカが育っております。



別のハウスには夏と秋に出荷盛期となる夏秋型のパプリカハウスがあり、

今回私たちが行った作業は、その夏秋型のハウス内のパプリカの少しづつ

老いてきてしまった枯葉の撤去を行いました。

とはいっても成ってる熟したパプリカはこんなにも美味しそう!!




さてどんな風にしてパプリカは熟していくのでしょうか!?

ちょうど緑色から黄色に熟していってるパプリカを発見!



パプリカは赤と黄色、それぞれ違う苗から育つのですが、

どちらも緑から赤へ、緑から黄色へと変わっていくんです!

ピーマンとはまた別物で、ピーマンよりも肉厚で苦味の少なく大きいのが

パプリカの特徴。そんなパプリカの苗はというと・・・・

見て驚きました!!

こんなに小さいのかと!!!!



お豆腐2丁分くらいしかないんです。

ですがこの苗から大きくて甘くてジューシーなパプリカができあがるのは

林さんのこだわりの栽培法に鍵が!!

林さんの手にあるのは外国では廃棄物となってしまう

ヤシの実の殻の部分を細かく砕いて肥料にしているヤシガラ肥料!

土の代わりにこのヤシガラを用いた養液栽培をしているんです!

土耕栽培もなさっていたそうなんですが、土の病気になりやすいことから

養液栽培を行っているんです。

また害虫防除のために天敵を導入し、温室開口部には防虫網を張り、室内には

粘着テープを張るなど、農薬低減に努めていらっしゃるんです。

<収穫方法を教えてくれている林さん>


数少ない国産パプリカ農家の林さんはななななななんと、

元サラリーマンなんだそうですよ!

農業をできるだけマニュアル化、数値化した農業法人を立ち上げた、

IT農業界の先駆け的存在の方なのです!

実は林さん、パプリカがとても盛んなオランダでの専門学校卒業生!

温室野菜栽培の専門学校で勉強なさったそうです。

林さんのパプリカ一筋で農業しようという熱い想いがひしひしと

伝わってきますよね。

パプリカ一筋でパプリカだけを生産し農業していくのは

リスクがあるようにも思います。

林さん自信も

「大きくなればなるほど(パプリカの生産量や需要)リスクは大きくなる。」

と仰っていました。

それでも林さんは、喜んでくれるお客さんのため、

笑顔の食卓に色鮮やかな新鮮で美味しい栄養たっぷりのパプリカのお料理がある、

そんな思いで栽培しているんです。

素敵なお話です。



いつもお店に届くパプリカを見てきた私。

周年食べれるのが当たり前のパプリカだと思っていました。。

特に夏はパプリカが一番美味しい時期だとも思っていました。。

カラフルな野菜って夏のイメージがありますよね??

ですがそれは固定観念というやつ!!

パプリカも人間と一緒で夏バテしやすいんですって!

トマトと同じで夏は太陽の力ですぐに色が変わりふわっと大きくなってしまい

糖度は6.5〜7度くらい。

ではいつが旬で一番美味しいかと言いますと・・・・

実はちょうど今の時期の2月後半〜春なんだそうです!!!!

糖度は8度程度ありフルーツトマト並みの甘さです!

では大きさによって味は違うのかといいますと・・・・

違います!

大きいほうが肉厚で食感もgood☆だそうですよ!


ぜひぜひ時期のパプリカ、色別に食べ比べてみてくださいね☆

すみません!(>*<)

私たちはお先に食べ比べさせていただきましたーーーーー☆

3色パプリカの食べ比べと

赤パプリカ、ティアルフの100%濃厚フレッシュジュース頂きました!



まずはスティックになったパプリカを食べ比べ。

一噛みづつ味わいました。

ほんとだーーーーーーーーーー!!!

いつも気にしていなかったけど全然味が違う!!!!

と味の違いに驚きました。

どれもとても甘味があってジューシーなのですが

私の感想を述べさせていただきますと・・・


赤:甘味はぴか一だけど意外と薄味?!

黄:甘い!さわやかな風味でさっぱりしてる!

橙:濃厚で甘味がしっかりしてる!野菜じゃなくてフルーツみたい!!!


です☆

伝わりましたでしょうか?全部美味しいということが!!

まるで果物のようですよ!!

ジュースの写真がなくてごめんなさい!

搾りたてジュースもまったく苦味がなく甘くてとっても飲みやすいお味でした!

ジュースのほうが吸収もしやすく栄養も採れるのでおすすめですよ☆

ちなみに赤パプリカはトマトと同じ赤い成分が含まれているので

リコピンが緑の若いときよりも3〜5倍も多いのです!リコピンは美白効果がありますよ!

そしてビタミンA、Cが豊富に含まれているので人には欠かせない栄養素たっぷりです。

ピーマンのように苦味もないのでピーマン嫌いの子供でもフルーツ感覚で食べれると

思いますし、食卓にパプリカがあるだけで色鮮やかで存在感もバツグンなので

お料理にもおすすめのパプリカ!

美味しい旬な今の時期に是非、蝪edy 林俊秀さんのパプリカをお試しください☆

期待度10000000・・・・% 満足度200000000・・・・・%です!!!!


つまり食べなきゃ損です!


農家の台所レストランにお越しいただいた際は、カラフルな林さんパプリカを

是非ご賞味くださいね!

サラダバーでも八百屋でも吉澤がしつこくおすすめさせて頂きます!

また、お料理でも前菜のムースやスープにしてお出ししてるときがあるので、

食べられるかもしれませんよ☆


今回の研修で以前に増して林さんのパプリカに虜になってしまった私たち。

それは林さんのパプリカへの想いを強く感じたから。

これからも沢山の方に林さんの国産パプリカを知っていただきたいと思いました。

林さん、Tedyの皆様、どうもありがとうございました!!



******************************
<研修メンバー>
******************************
・貝塚 (農家の台所 総料理長)
・中川 (農家の台所 恵比寿店 店長)
・村澤 (農家の台所 新宿3丁目店 料理長)
・吉澤 (農家の台所 新宿3丁目店)





| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 茨城県 | 19:03 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:03 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS