国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

<< 第104回 小物農機具ほしいけど大型トラクター大好き 高見沢さん\(^ロ\)(/ロ^)/ | main | 第107回 不思議な畑、エコファーム アサノ研修 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第106回 荒井さんの輝くトマト!
 こんにちわ。農家の台所 新宿3丁目店の原田です。

東京都立川市荒井恒夫さんの畑におじゃましてきました!

今回の作業は、トマトの誘引!

誘引とは、植物の茎や枝を支柱の何カ所かにひもなどで結び付けて固定し、
目的の位置まで導くことです。


トマトの茎はとても繊細でしなりやすいのに加えて、実がなると、
重みで茎が折れてしまいそうになるので、とっても大事な作業です。


まず、トマトの茎を結び付けるためのビニールひもを切りました。

その時に使ったのが、荒井さんのお宅に昔からある、真綿を作る機械!

ぐるぐる回して、同じ大きさの輪っかを作り、その後両端を切ります!

うーん効率的!一瞬であっという間に同じ長さのひもが出来ました。

その後、ビニールひもを腰にまきつけます。
こうすると両手が空いて、作業がしやすいそうです。



ジャングルのようなトマトの畑に分け入って、茎をロープにくくりつけました。

茎を折ってしまわないように、そぉーっとそぉーっと。

高いところでの作業だったので、小さいビールケースを台にして作業しました。

この台、木の棒をくくりつけて、持ち手にして動かしやすい様になっていました。
たったこれだけで、しゃがまなくても移動することができます。

ほんの少しの工夫で、すごく動きやすくなります。
そんなヒントがいっぱい詰まっていました。

ひとしきり作業を終えて周りを見渡すと・・・

あれ!?私だけものすっごく汚れているじゃないですか(笑)



手と顔(苦笑)が、トマトのあくで真緑になってしまいました(苦笑)

どうしよう・・・(笑)と騒いでいたら、荒井さんが教えてくださいました。

「トマトのアクはトマトで落とせるよ」と


アクでよごれた手にトマトをこすりつけると・・・

うーんふしぎ。みるみるうちに汚れが落ちました!

その後、トマトの選び方についてお話をして頂きました。

美味しくて新鮮なトマトは、へたがピンと張っていて、ずっしりと重みがあり、
丸いトマトだそうです(写真右)。

ずっしりと丸いトマトは、中のゼリーが多く、旨味がしっかりあるトマトとか。

四角くなってしまっているトマトは、角張りトマトといって、
果肉の中のゼリー部分が少なく、隙間があいてしまっていることも(写真左)。



また、完熟させてから収穫したトマトは味の濃さが違う!とも荒井さんはおっしゃっていました。

完熟させてから穫した荒井さんの桃太郎ゴールド、一粒一粒が輝いていました。



最後に、ハート型のトマトをお土産に頂きました♪ お店に飾りたいと思います。

ありがとうございました。


********************************
【今回の参加者】
佐野(農家の台所 国立店)
保要(農家の台所 国立店)
原(農家の台所 立川店)
原田(農家の台所 新宿3丁目店)



| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 東京都 | 00:03 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:03 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS