国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

<< 第120回 茨城県 とうもろこし・いちご・トマトの旅 | main | 第123回 トマトの鈴木さん、レタス3兄弟(鈴生) さん 農場研修 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第121回 【仕入物語】アロエベラの巻
 普段の農場研修とはちょっと趣向を変えて、
商品部の農家さん訪問記。

今回は、アロエベラを育てている生竹 勇さんを訪問してきました

東京から車で5時間。

降り立った地は愛知県豊橋市



広大な駿河湾に圧倒されてちょっと寄り道。
男一人、砂浜でちょっと黄昏れてからいざ畑へ!


畑に着くなり目の前にそそり立つ奇妙な植物
ここから帰途につくまでテンションMAX





真横から見るとこんな感じ。




高さ1m強の大きさ。





一見すると、植物園としか思えぬ光景に圧倒されつつ、
生竹さんご夫婦にご挨拶。

ちょうど、出荷に向けた作業をされていました。


 ↑ 築地市場に並ぶマグロのようなアロエベラたち

出荷規格にそった厚み・長さになった
葉の一枚一枚をもぎ取って出荷します。


出荷直前の作業がコチラ



一本一本を丁寧に拭いていきます。

ここで、奥さんから一言




つづいては、アロエの栽培について話しをお聞きしました。

作業する姿をパチリ!




まずは土の話しから。




個人的に見慣れている関東ローム層の赤土とは違った赤土。
さらっとした粉質な感じではなく、しっとりした赤土。
乾燥しているところは、ガチガチ・ゴツゴツしていて、
小石が混ざり込んでいました。

問題として出された、ひとつまみの土。
このひとつまみの中には、なんと1億匹以上の微生物が生きています。

米ぬかを主体とした土づくりの結果が現れています。



つづいて、




と言って、分けつした小株を引っこ抜いて見せてくれました。

※分けつ=根元から枝分かれして新しい株が生まれること。
       この新しい株を切り離して植え替えることで増殖できます。

2枚目の写真で見える、過剰な支柱たちの役割にも、これで納得。

今回の訪問目的が、この分けつした小株の調達。



農家の台所 恵比寿店 銀座店 新宿店 の店内栽培設備にて
アロエの圧倒的な姿を見て頂きたく、ご協力頂きました。


この引き抜いた小株たち、このまま置いておいても
なんと一年は生きているそうで、
実際にハウスの端っこでひからびていた
小株の根元からはちょこっと根っこが出ていました。

この生命力こそが、健康食品として珍重される
由縁のひとつなのだろうと勝手に想像。


さらに驚いたのがアロエの生態

葉をもぎ取った後の茎からは、根になろうとする突起が出てきています。



下から葉をもぎ取っていくと、根元はこの写真のように恥ずかしい姿に。
さらに、重心が上にあがっていくので不安定になります。

そこで、大きく伸びてくるとこの茎の部分をバッサリと切断

根が無い状態の茎と葉を土に挿しておくと
この突起部分から根が成長してそのまま根付くのだそうです。


こうして更新していくアロエベラ。
畑の片隅には10年を超えるという株が、
他の株と全く同じ状態で植わっていました。


そして、ふと別の株に目を向けると、、、



国立ファームの取扱商品の中で、
最も正体不明とされるアイテム。

アロエベラの花穂を発見!

通称「トカゲのしっぽ」

春と秋にニョキッと生えてきます。
この花穂部分の圧倒的なインパクトと
いかにも体に良さそうな苦みは
一生に一度は体感しておく価値があります

さらに、この花穂が成長すると、、、



なんなのこれは。。。

完全に度が過ぎてしまいますが、
アロエの花

「花穂が食べられるのであれば、花も食べられるでしょ。」
という悪のりから商品化して、
少量ですがサラダバーにて提供させて頂きました。

次回の入荷は秋になるので、
気になる方は気を長くしてお待ち下さい。




長年愛情込めて育てられたアロエベラを
出荷するにあたっても生竹さんのこだわりが。



食料としてではなく、健康食品や嗜好品として利用されることがメインで
一般的な野菜とは用途が異なるため、
規格について厳しい自主規制を設定しているそうです。

このこだわりが多くの飲食店から信頼される源になっているのです。


滞在時間はほんの2時間と短い時間でしたが
未知の野菜の生態を知ることができ、とても有意義な訪問でした。


この驚きのアロエベラ、ぜひ農家の台所にて育っていく姿をご覧下さい。




商品部 松尾
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 愛知県 | 18:31 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:31 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS