国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

<< 第136回 いざ愛知へ!甘ーいセロリとキャベツの秘密! | main | 第138回 山梨二本立て! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第137回 あなたが育てる華おとめと主役パプリカのお話

こんにちわ。
二子玉川ライズ店の小野さやかです。

今回は茨城県の

皮が薄くてジューシーであまーい華おとめトマト
     
           

樹上完熟で肉厚なまるでフルーツのようなパプリカ

この二つがなぜこんなにもおいしいのか?

その秘密を探るべく!!

今回は阿部田さんとtedyさんの所にお邪魔したわけです。

まずは華おとめトマトの阿部田さんから。

ついて早々に驚かされたのが、阿部田さんはトマトのことをなんと!!

     『この子たち』

と、呼ぶことです。
トマトへの愛情を感じました。。

最近常連さんにも華おとめ『皮がしっかりしてきたわね』と、言われていたので、まずはその秘密を調査する!!!!!





調査の結果。

ストレスがあまりかかっていないとのこと。
今年はなぜか幹が丈夫に出来たそうで、その立派な幹から、たくさん栄養を吸ってストレスなく成長できるため、皮がしっかりするようです。

皆様。安心して下さい。。

置いておけば皮は。。。。。



柔らかくなります!!!

つまりご購入いただいたお客様は、じっくり追熟させ華おとめをお客様自身が育ててから召し上がりください。




続いて、華おとめの味の秘密に迫るべく調査開始!



調査の結果。。

阿部田さんお手製のスパイスを華おとめが吸収しているからだったのです。

そのスパイスとは!!!


なんと魚介類、昆布、アミノ酸を茎からだけでなく葉にも実にもかけていたのです!!

さらにハウスの天井には秘密兵器が!!

それは。。

あえて二酸化炭素を出すために火を焚いていたのです。

なぜ二酸化炭素が必要か??

それは植物の光合成速度と関係していた。

二酸化炭素の濃度に比例して光合成速度が高まるようです。


つまり二酸化炭素が増えると、トマトが美味しくなっちゃうわけです。


さまざまな方法でトマトの味を良くしている阿部田さんですが。


わたくし小野が一番感じたのは


阿部田さんのトマトに対する愛情

それこそがトマトにとって一番のスパイスだったのでは??





ファームアベタの華おとめは「農家の台所 WEB SHOP」でもご購入いただけます。
http://webshop.noukanodaidokoro.com/shopdetail/009008000006/


続きましてtedyさん!!

このtedyさん。

なんと

日本初のパプリカ生産者さんなんです!!!!!




とにかくtedyさんのパプリカは



甘くてジューシー、肉厚濃厚な本当にフルーツのようなパプリカなんです。



まず驚いたのがハウスの大きさ!

とにかく長い!!こんなに大きなハウスは初めてみました。。

中に入ってみると、通路がとにかく長い!!
100m走は余裕で出来そうです(笑)
その周りを囲むパプリカの株の数は半端ではありません。。。




さてそんなながーいハウスの中で甘くてジューシーな味の秘密に迫るべく調査開始。。






調査の結果。



あめとムチの使い手だった!!!

効率を上げようとぬくぬく育てるだけでは早く出荷は出来るが味はついてこない。

だからtedyさんはパプリカをあえて苦労人に育てるのです。

ぬくぬく育てあめばかり与えるのではなく、たまには水を切らしストレスを与え味を濃厚にしていたのです。


さらに木の上でぎりぎりまでねばる樹上完熟がそこに大きな力となりパプリカにムチを与える!


出荷の過程で赤くするのではなく、赤くなってから収穫する。
そのため食感のパリパリ感と甘みが強くなる。




主役パプリカ!?

パプリカと言えば、お料理の付け合せや彩りがメインの活躍の場ですが
なんとtedyさんのパプリカは主役の場を占領出来ちゃう味の濃さ、食感の良さ甘みなんです。

パプリカの概念が変わります。

オススメの料理法はパプリカのみの贅沢サラダです。
1儚僂棒擇辰浸或Г離僖廛螢のみのサラダ。そこにカブを入れてもおいしそうです。
パプリカのみではなくなってしまいますが、メインはパプリカです!!

焼いたパプリカにアンチョビをのせても確実に旨い!!

何よりパプリカを切った時の香りがはんぱではありません。
この時点でただのパプリカではないことが分かります。

tedyさんがなぜパプリカを育てているのかというと、
20年ほど前にオランダからやってきたパプリカは昔は高級なお店に並ぶ野菜からのスタートでした。

そこに目を付けたのがtedyさん。カラフルなパプリカを見て、箱を開けてこんなにカラフルな野菜があったら届いた人はすごく嬉しく感動するだろうと思ったところが栽培を始めるきっかけでした。

日本のパプリカ先駆者のtedyさん。
もちろん今もその先頭にいます。

さあ皆様、tedyさんのパプリカ食べてみたくなってきたのではないでしょうか。


さて以上お二人の農家さんの秘密を探ってきました。
皆様いかがだったでしょうか。

興味を持っていただいた方は、農家の台所二子玉川ライズ店に足をお運びくださいませ。
お待ちしております!!


商品部    松尾
ブランド部  加藤
新宿店    佐々城
立川店    関
二子玉川ライズ店 小野

| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 茨城県 | 16:49 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:49 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS