国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

<< 第145回 日本中からあのキャベツのファンが集結!「松波キャベツ収穫祭」に参加してきました | main | 第147回 パプリカ農家TEDYさんのハウスで、驚きの収穫体験! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第146回 トマトの宝石箱や!加藤芳郎さんのカラフルトマト畑
トマトといえば赤! …ではありません!

、しましま…などなど。
とってもなのです。

そんなカラフルトマトに情熱を注ぐ、愛知県の加藤芳郎さんの畑を訪問してきました!
本日はブランド部の加藤がレポートします。



コチラが加藤さん。(右)
水耕栽培で、何色ものトマトを育てています。
まだ日本では赤以外のトマトを知っている人が殆どいなかった10年以上も前から、
カラフルトマトを作り続けているお方。
また、カラフルだけでなく、ぎゅ〜っと甘みを凝縮したフルーツトマトも育てていて
権威ある賞を受賞したこともある、トマトのベテランなのです。

とても優しく穏やかな話し方をされるので、
トマトもこんなに優しく育ててもらっているから美味しくなるのかもしれない、
と思ってしまいます。



そしてコチラがトマト!
ぱりっと張りがあってピンととがったヘタが可愛いヤッタv
これらはほんの一部で、他にも様々な色のトマトを育てているそうです。

ハウスの中を見て回っていると… ちょっと面白いトマトを発見!
仕事柄、かなりいろいろな色のトマトを見てきた私ですが…
こんなの初めて見ましたエリザベス


ツヤッツヤで真っ黒! 巨峰!?
これまで見たことのある黒トマトとはちょっと違う感じ。
海外から入ってきた珍しい品種で、“青いトマト”と呼ばれているそうです。

「青っていうから、どんなもんかと思って育ててみたけど。
 まだ味が良くないから、商品にはならないね〜。」

好奇心いっぱいの加藤さんの挑戦はまだまだ続くようです。


加藤さんのトマトはカラフルなだけではなく、
もちろん味にもこだわって育てられています。

美味しく作るポイントは、なんといっても、
温度や肥料の管理をきちんとしていることだそう。

窒素分を少なめにして大きく育てすぎず、
糖度の高いトマトに育てます。

それにしてもきれいなハウス…
加藤さんのきちんとした性格が現れていますね。

これはミツバチの巣
ココからミツバチが出て行って
トマトのはちみつを集めながら、受粉をしてくれます。

人の手でホルモン剤などを使って受粉させる方法もありますが、
やっぱりミツバチが受粉してくれた方が
良い実になる
そうです。


そしてこの大きな機械は、二酸化炭素発生装置
大きな音を立て、大量の二酸化炭素を送りだしています。

筒の先から吹き出されるものすごい熱風に吹かれながら
必死にこの写真を撮っているのですが、
写真で伝えきれないのが残念です。
後ろの二人が余裕そうだからですかね。
後ろには風は出ません。

光合成に必要な二酸化炭素の濃度を
高くしてあげる
ことで、
成長をよくするのだそうです。

他にも、高糖度のフルーツトマトを育てるために、海洋深層水を使うなど、
いろいろな工夫を重ねて、味の良いトマトを育てているんだそうです。
(海洋深層水はカラフルトマトには使っていません。)




加藤さんがカラフルトマトを育て始めてきっかけは、
トマト栽培の先生がオランダに行った際に、
カラフルなトマトの3色セットを持ち帰ってきてくれたことだそう。
これは面白い!と思い、早速栽培を始めました。

しかし、当時は珍しすぎて、受け入れられませんでした。
それでも加藤さんは、品種や栽培を変えるなど
試行錯誤を繰り返し、カラフルなトマトを作り続けました。
味の良いものが作れるようになり、
赤以外のトマトの可愛さを楽しむ人が増え始め、
だんだん認められるようになっていったそうです。

今では、カラフルトマトの先駆者として、
加藤さんのハウスには見学や取材がひっきりなしに訪れるのだとか。


「見た目のカラフルさももちろんだけど、ウチのトマトは味がウリ。
 色だけでなく、それぞれの味の違いも楽しんでほしい。」


そう話す加藤さんからは、美味しくて色鮮やかなトマトたちへの
熱い想いがひしひしと伝わってきました。

きっとこれからも、トマトの新しい魅力を伝えていってくれることでしょう。


加藤さん、ありがとうございました!
2013年2月17日
 
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 愛知県 | 10:35 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:35 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS