国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

<< 第149回 関西4農家 初夏〜夏にかけておすすめ野菜集結! | main | 第151回 トウモロコシは鮮度が命 朝どり25年にかける想いを聞いてきました!  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第150回 静岡 初体験!農家さんからこんなこだわり聞いてきました

こんにちは、今年の4月から入社いたしました
商品部の遠藤と宮地と申します。
わたしたち身長差20cmのでこぼこコンビです!(167cmと147cm)

(左:遠藤 右:宮地)






今回は静岡県にある3件の農家さんの所に訪問してきました!!



静岡県 静岡市
鈴生さんご紹介

「おいしさを求めて」が、鈴生さんの合い言葉
鈴生さんは3兄弟で枝豆、レタスを中心に栽培しています。

三兄弟の三男 靖久さんです





こちら何に見えますか?









近づくと・・・・・・・










枝豆なんです
品種名:湯あがり娘

湯あがり娘は、茶豆独特の甘い香りとコクのある味が楽しめます!
   

鈴生さんのこだわり

・味をもとめるために品質管理をしっかりする
・お客様にはなるべく新鮮で採れたてを届けたい



作物は日中に養分が失われていくので、旨味が減ります。
日中に光を浴びて夜中に養分が蓄えられるため深夜の2時から収穫します。

深夜の2時に収穫することで蓄えた養分をキープしたままお客様にお届けできます。




この畑はなんで灰色をしているのかというと・・


実はもともとが川だったため石がゴロゴロしているんです!!
そのため機械で土を掘り起すことに向いてはないんですが、
この畑は水はけがよいので雨が降った時は恵まれた土なんです。




他の枝豆と何が違うんですか?

「普通の枝豆と比べて鈴生の枝豆は淡い色をしている
化学肥料を使わないようにしているから淡い色になる」


だから他の枝豆より自然な香りとコクのある甘みがあるのです!!




そして!



こちらも忘れてはいけません!!

「枝豆育ちのレタスです」

出荷時期 11月中旬〜5月中旬



マメ科の枝豆とキク科のレタスは相性が抜群なんです。

枝豆は、空気中の栄養分(窒素)を根粒菌が根に溜め、
それを栄養分として成長する特性があります





こちらの丸い粒が、根粒菌です!


枝豆を育てた後に出る根粒菌が混ざった土でレタスを育てることで
美味しいレタスができます!!




実際にレタスの収穫を体験させてもらいました。

「ポイントはレタスの玉を守るために3枚の葉をつかみ包丁でサクッと切ること」



農家さんに収穫が上手とほめられていました!!


私は・・・



まるごと採ろうとしてしまい全然ダメでした・・・

恥ずかしながら畑でスッ転ぶという思い出ができました。
みなさん畑では転ばないように気を付けましょう。




鈴生さんありがとうございました。







続いては・・・静岡県浜松市

ふぁーむやまいちさんをご紹介

すごくくっしゃとした笑顔で笑う大賀さん。




そんな優しさあふれる大賀さんが育てているのは・・・・
ミニきゅうり!!
かわいい!!初めて見ました!!
 
その名もこたろう


 

 
 ボールペンよりも小さなキュウリです!
 
でもなぜミニきゅうりなのか?
それは大賀さんのこだわりで、周りの人と同じことをするのがイヤだからだそうです。
そのため、普通のキュウリとは違って、土耕で隔離して栽培しています。


↓地面に直接植えずに、栽培するための場所を確保し育てています。
 そのため、地面から浮いているようにみえます!


こうすることで、自分の思い通りに肥料分や水分が調整できて、
生育状況に合わせて微調整が可能になるみたいです。

 
また、ミニキュウリは大きくなり過ぎると歯ごたえや食感が変わってしまいます。

そのためきゅうりの収穫し忘れに注意しています!!
なぜなら、一般のキュウリよりも伸びるのが早いため、
大事なのは毎日欠かさず一本一本の成長を見てあげることなんだそうです。


 

 

実際にミニきゅうりを試食すると、
シャキッとした歯ごたえで、ほんのり甘く優しい味がしました。
くさみがなく、甘いので子供にも反応がいいようです!

ヨーロッパの方では、スナックキュウリと呼ばれているようです。
 

おすすめの食べ方は、 一本まるまる浅漬け!
年配の方には、味噌漬け!



また、ふぁーむやまいちでは、衛生管理に特に気を配っています。
とにかく手をよく洗い、食品を扱っているため、出荷作業は白衣を着て行っています。
農家さんの作業場では珍しくステンレスの棚を使用しています。





細かいところまで気を遣う大賀さんは、とっても負けず嫌いで、周りからできる訳ないよといわれると
やってやる!という気持ちが燃えるそうです!
だからこそ、今回も無理だといわれてもあきらめずここまで試行錯誤しながらやってきたそうです。
そうすると、認めてもらった時が何倍もうれしく、それがやりがいとなるといっていました。

そんな大賀さんがお客様に伝えたいこととは・・
ミニきゅうりは、おすすめの食べ方はいくつかあるが、
なにもつけなくてもほんのりした甘みがあるということ。



大賀さん貴重なお話ありがとうございました。







最後に・・・静岡県浜松市
谷野ファームの谷野さんをご紹介

どんな方なのかな〜とワクワクしながら向かいましたが、
とっても小柄でキュートなおじさんでした。

谷野さんには、リーフレタスとトマトとアスパラガスのハウスを見せていただきました。
レタスはなんと常備9種類あり、きれいな真っ赤に染まったレタスを目の前に栽培について語ってくれました。





谷野さんは水耕栽培でレタスを育てています。
野菜は育つ段階によって必要とする栄養素が変わるため、
水耕栽培は栄養素が調整しやすいので適した育て方だそうです。
また病気を防ぐために、土耕ではなく水耕栽培にしているそうです。

水耕栽培とは、土を使わず水を循環させて、野菜を育てるやり方です。
水に必要な培養液を混ぜて循環します。


谷野さんの作るリーフレタスは、全体が本当に赤くて、きれいな色味をしていました。
こんなに赤く染まった野菜を見たのは初めて!
レタスの葉が赤く色づくには、紫外線が必要で、
一般的なハウスのビニールは紫外線を通さないため、
谷野さんの場合は紫外線を通すビニールを貼っています。

しかし悩みどころなのは、紫外線を通さないビニールは虫が入りにくい環境になるが、
紫外線を通すビニールは虫が入ってきてしまうところだそうです。



つづいて・・・
さて、これは何の畑でしょうか?




見てびっくり!!アスパラの畑です!!
アスパラってこんなに背が高くなるんだ!!
普段食べているアスパラからはまったくイメージがつきませんでした。

これは立茎栽培といって、高く伸びたアスパラの根から小さなアスパラへ栄養を与えているそうです。
葉を伸ばして栄養を蓄え、新しく出てくる新芽=(アスパラガスの食べる部分)を収穫します。

アスパラの間から熱心に語る谷野さん。




ふと足元の方を見てみると、なにか乾いたものが蒔いてありました。





聞いてみると、これは周りに竹やぶがあり、
荒廃した竹やぶを管理する際に出た竹を、チップにして堆肥として使用しているそうです。
竹チップは微生物を繁殖させ、栄養を吸収しやすくしてくれるらしいです。

そして、実際に目の前に生えているアスパラを取ってそのまま食べさせてくれました。
生だと青臭さがなく、なによりも甘かったです。


最後にトマトのハウスを見せてもらいました。
トマトは五種類育てていて、足元の方をみてみるとそこにも竹チップが蒔いてありました。





また、トマトでは接ぎ木という育て方をしていて、
二種類の苗をつなぎ合わせることで、丈夫においしく育てています。

例えば、味はいいけど根っこが弱っていたり、
根は強いけど味がいまいちというもの同士を融合することで
いいとこ取りの融合したものができるんだそうです。


トマトはまだ色がついてないものもありましたが、これから完熟して出来上がるのが楽しみです!

谷野さん貴重なお話ありがとうございました。


最後に谷野さんとも営業三姉妹でパシャリ!
またお会いするのを楽しみにしています!


 
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 静岡県 | 20:30 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:30 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS