国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

<< 第64回 『農場研修の成果を魅せろ!』〜国立ファーム第2農場〜 | main | 山も畑もひそかに作り続けます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第66回 三浦半島!鈴木浩之さんの畑に挑む!
本日、三浦半島で有名な神奈川県横須賀鈴木浩之さんの畑に
農場研修に行ってまいりましたので、国立店の菅原がご報告致します。

三浦半島到着・・・・
周りは山も海も見え、そして畑があり、とてものどかな世界が広がっていました。


こちらが本日お世話になる鈴木浩之さん(左)と奥さん(右)です

三浦半島は三浦大根が有名だけあって、土地が農業に適しているのだそうです。

そのメリットとして、

黒ボク土(火山灰土壌)
・海から来る潮風のミネラル分が野菜を美味しくする
・暖かい気候
・首都圏に近く、買い手がいる
(市場、農協、宅配、直売、スーパーなど色々な売り方が出来る)


そして、この三浦半島の土地を利用し、鈴木裕之さんは
有機・無農薬農業にこだわっていらっしゃいます。

そのこだわりとして、何と・・・・

土にコーヒーウーロン茶のカスを堆肥として使用しているんです

それでどう堆肥になるのかと言いますと・・・

まずコーヒーウーロン茶のカスを発酵させ微生物を育てます。
そして、その微生物のエサとなるガムシロや糖蜜、
居酒屋の生ゴミなどの糖分を一緒に与えることで、
堆肥として土の中の微生物を活性化させています。


さらに鈴木浩之さんは堆肥を普通の畑の何倍も使用し、肥料はほとんど使っていません。

なぜそんなに堆肥に力を入れ、地力を高めさせているか?

ブロッコリーを同じ畑で12月と3月に2回も収穫(地力がないと2回も収穫出来ない)するので、
連作障害が起きないようにするためなんです。


そんな鈴木浩之さんの畑で、ブロッコリーの定植と里芋の収穫をさせて頂きました。

ちなみに鈴木浩之さんの畑では30種類の品種の異なるブロッコリーを
栽培しているそうです。
そのうち10種類は毎年新しい品種に挑戦しているそうです。

まさに温故知新!

さらに、その30種類どこの畑のどの部分に定植しているか
頭の中ですべて分かっているそうです。

驚くべき記憶力!

こんな話をされていたときの鈴木浩之さんは、本当に農業が好きなんだと
感させるくらい楽しそうに話されていました。

奥さん曰く、鈴木浩之さんはテレビを見ながら農業の本を読み、
農業の本だけ置いてある専用のお部屋があるそうです。

本当に農業が好きなんだと分かるエピソードでした。


そして、いざブロッコリーの苗を定植しよう!と畑に足を踏み入れた瞬間・・・・

ここは・・・ベッドの上か

衝撃が足から体中を浸透していきました。
ふっかふかの土・・・今すぐにでも寝そべりたくなるような柔らかさ


そんな土を踏みしめながら、作業に没頭!

そもそも三浦半島の農家さんは大根はもちろんですが、キャベツを作るのも盛んなのだそうです。

それなのになぜ鈴木浩之さんはブロッコリーを栽培しているのか!?

それは、ブロッコリーは草の身長に負けないで成長するからなのだそうです。
キャベツなどは草に覆われてしまうそうです。

でも・・・・・本当の理由は・・・
涙なしでは語れないストーリーがあります。

それは、鈴木浩之さんの奥さんは腰が弱いため、腰を屈めなくても収穫出来るためです。
また、大根やキャベツは重量が重いので腰に負担が掛かりますが、
ブロッコリーは軽いので負担が掛かりません。

このとっても愛に溢れた理由から、ブロッコリーを選んだそうです。
何て感動的なエピソード!

そんなお話も聞きつつ、あのまっさら土地にブロッコリーの苗が綺麗にそびえ立ちました。

途中、ブロッコリーの苗がなくなり補充しに行った畑には・・・あの三浦大根が!


この写真は真上から見た三浦大根の葉です。
葉が寝そべり、花のような形になっていました。
三浦大根は1月に収穫するそうなので、今回は観察するだけでした・・・残念。


ブロッコリーの定植が終わった後は、里芋の収穫をしました。

里芋の収穫はほとんどのメンバーが初体験!

収穫の仕方は・・

まず、余分な茎の部分を鎌で切り落とし、根っこの周りを桑で堀り、
里芋の根自体を土ごと掘り起こします。



こちらが里芋の根です。

根の周りにポコポコついているのが一般的に食べる里芋の子です。
全部とった後、残るのが里芋の親の部分。この親の部分は食べられません。
次の種として使えそうですが、腐りやすいので捨てるそうです。
種として使うのは、里芋の子を使うそうです。



メンバー一同里芋の収穫に手こずる中、鈴木浩之さんの
収穫の手際とスピードといったら電工石化のようでした。

まさにキレが違う!


里芋収穫!
たくさん収穫できました。


里芋の収穫も終わり、最後に見晴らしいの良い丘の上に連れてって頂きました。


海ー!
今にも叫びたくなるような綺麗な景色が目の前に!
一同癒されつつ本日の作業終了です。



後ろ列左から2番目の方は、研修生の清水さんです。

鈴木浩之さんと奥様ありがとうございました
土作りに対しての考え方、農業に対する姿勢とても勉強になりました
また是非訪問させて下さい


<本日のメンバー>
小野 (国立ファーム 商品部)
伊藤 (農家の台所 国立店)
佐野 (農家の台所 国立店)
菅原 (農家の台所 国立店)
中川 (農家の台所 恵比寿店)
山岸 (農家の台所 恵比寿店)
斉藤 (農家の台所 恵比寿店)
| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 神奈川県 | 22:14 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:14 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS