国立ファーム&農家の台所スタッフの農家研修ノート

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
第154回〜パプリカをわが子のように育てている、パワフル農家中條さんのところへ初訪問〜

こんにちは!
商品部の宮地です。

いよいよ夏本番となってきましたね。
夏野菜も続々と出てきています!
この夏の暑さに負けないためにも、たくさん野菜を食べて
夏バテ防止をしっかり行ってくださいね!

さて、そんな中今回は群馬県でパプリカを育てている
中條綾子さんのところへ訪問してきました。

第一印象は・・とにかくパワフル
誰に対しても明るく笑顔
で接してくださります!



パプリカへの想いを最初から最後まで楽しく
お話してくださりました!


パプリカを育てることは、子育てと同じ!?

パプリカはとにかく繊細な野菜と語る中條さん。
計6種類のパプリカを育てており、
それぞれに合わせた細かい観察細かい作業が大切!
温度管理、液肥、水やりなどパプリカの種類に合わせ
ハウスを分け、行っています。

ちなみに赤パプリカは温度高めを好み、
黄パプリカは温度低めを好むのだそうです。

また細かい観察によって、パプリカ一つ一つの成長に合わせ、
液肥の種類を変えたり、倍率(濃さ)なども変えています。

こういう細かい観察をし、変化によく気づけるのは女性が向いている
なぜなら、子育ても同じだから!
と語る中條さん。

小さな子どもの体を冷やさないように気を付けたりすることは
パプリカも同じ。
パプリカもそれぞれに合わせて温度管理をしてあげる。


土耕栽培で収穫!



中條さんのところではパプリカを土耕栽培で育てています
土耕栽培とは簡単に言うと、土の上で育てることを言いますが、

なぜ土耕栽培なのか・・
それは、元からある環境を活かしているからです!!
この土地では昔から火山の噴火から飛んでくる
軽石があり、その軽石が地面の30cmほど下に層を作っており、
なんといっても水はけがいいのです!!

   

そのため通気性抜群!湿気がないため根も健康な状態で育つそうです。
その分水やりはしっかり行います。

また土耕栽培での欠点は、害虫がよってくることです。
害虫から守るために殺虫剤をまかなくてはいけなくなりますが、
中條さんのところでは、スワルスキーカブリダニやカメムシなど
天敵昆虫を使用したり、なにが一番効くのか試行錯誤しながら
害虫防止も行っています。

どの作業も細かく管理することで、パプリカの出来に繋がっています。

そして中條さんのとこのパプリカは、一本の木に約20個くらいの実をつけます。
木は実をつけ始めると、成長に合わせてその重みで倒れてしまい、
収穫できなくなってしまいます。

そのため誘引といって、木を支えるための紐をつけてあげます。
今回はその誘引作業も手伝わせていただきました!

 

‐紊砲屬蕾爾っている紐を左右から一本ずつ下へ引っ張ります

引っ張ってきた紐をパプリカの木の軸が左右に分かれたところで
 留める(写真右のプラスチックの留め道具を使用)→完成
 ※この時に紐が留め具の一番奥までしっかりはいっているか確認して留める
 
 なぜなら途中で挟まっていると紐がほつれパプリカが倒れてしまうため




パプリカを育てていくにあたって、このような作業も細かく行い、
立派なパプリカが育っていくのです。

中條さんは自分の育てたパプリカを自分の子供たちに「おいしい」と
素直に言ってもらえる時が一番嬉しいと語っていました。


また、中條さん宅では「今日パプリカ何個食べる〜?」
から夕飯の準備が始まるのです!

そんな中條さんは、このパプリカの世界で自分は生きていて
常に新しい考えを持ってパプリカを愛情いっぱいで育てています!

これから出てくる中條さんのパプリカをぜひみなさんも
一度お試しください


★オススメの食べ方★
×屬瓩匿べる
∩罵箸
煮物や鍋にしてもgood!
※みそ味や塩味など濃い味に合う

中條さん貴重なお話ありがとうございました。



 

| 国立ファーム&農家の台所スタッフ | 群馬県 | 21:39 | - | - | pookmark |
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
国立ファームグループ
最近の記事5件
訪問先エリア
アーカイブ
農家の台所 WEB SHOPにて販売中
ブログリンク
モバイル
qrcode
プロフィール
SPONSORED LINKS